製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > マネジメントシステム認証 > 食品安全マネジメントシステム ISO 22000

食品安全マネジメントシステム ISO 22000

概要

ISO 22000

ISO 22000は、人が消費する時点での食品安全を確保するため、HACCPシステムの考え方に基づき、食品安全に影響を及ぼす危害要因を管理するために体系化された、国際標準化機構が定めた食品安全マネジメントシステム(FSMS:Food Safety Management System)規格で、2005年9月に発行されました。

ISO 22000は、食品製造業のみならず、農畜産物生産・漁業・養殖等の一次生産分野から食品及びその材料の生産、加工、配送及び保管、あるいは食品設備製造・据付、施設消毒等の各種サービスを含めた、フードチェーンを構成する全ての組織の活動を対象としています。

消費者の「食品安全の確保」に対する期待が高まっている現在、ISO 22000の認証取得により確かな安全性を消費者に保証することは、フードチェーンを構成する全ての組織にとって急務の課題と言えます。組織の経営戦略にとり信頼性の高いFSMS規格を利用は、リスクマネジメントの一環でありコンプライアンス経営の実践ともなります。
ISO 22000の認証取得により消費者の「安全・安心」を守り、企業ブランドへの信頼性を確保します。

ISO 22000は企業の形態・規模・製品に関係なく、FSMSの設計・導入を希望する あらゆる組織への適用を想定して制定されており、フードチェーンに関連する あらゆる業種が適用範囲内になります。

導入のメリット

対内的には

  • 従業員の全員参加で自主性と食品安全意識の向上と組織の活性化が図れます。
  • リスクマネジメントを踏まえた生産管理によりムダが低下します。
  • 食の安全についての外部コミュニケーションの最適化が図れます。
  • 経営効率アップに貢献します。

対外的には

  • 納入先からの食品安全に対する要求に応えることができます。
  • 信頼性が増し、顧客(エンドユーザー)に安全・安心な製品・サービスの提供を広くPRできます。
フードチェーン内のコミュニケーションの例

JIA-QAセンターのISO 22000審査員はいずれも、食品業界に精通した高い専門性と共に、品質マネジメントシステム審査員としての豊富な経験も有し、グローバルな最新情報を積極的に吸収する等スキルアップにも努めています。また、組織の規模や特徴を考慮した審査員を割当てることで、導入メリットを最大限引き出せる審査を心がけています。

INDEX/ISO 22000

INDEX/FSSC 22000

ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ