製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > マネジメントシステム認証 > 食品安全マネジメントシステム JFS-C

食品安全マネジメントシステム JFS-C

JIA-QAセンターは2016年8月25日付けで、食品安全マネジメントシステムJFS-Cについてスキームオーナーである一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)と契約を締結し、認証を開始いたしました。

概要

JFS-Cは、一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)が開発した日本発の食品安全マネジメントシステムの認証スキームです。
本認証に用いる規格は、JFSMが定めたJFS-C規格であり、現在、次の5つのカテゴリが対象となっています。

  • EⅠ:腐敗しやすい動物性製品の加工
  • EⅡ:腐敗しやすい植物性製品の加工
  • EⅢ:腐敗しやすい動物性及び植物性製品の加工(混合製品)
  • EⅣ:常温保存製品の加工
  •  L :化学製品(生化学製品を含む)の製造(添加物、ビタミン、ミネラル、培養物、香料、酵素及び加工助剤)

JFS-C規格は、次の三つの部分から構成されています。
日本発の規格の特徴として、現場からの改善提案を活動する仕組みがあること、食品偽装防止対策が定められていること等の特徴があります。

①食品安全マネジメントシステム
 (一般要求事項、方針、マニュアル、トップマネジメントの責任など)
②ハザード制御(HACCP)
 (7原則12手順)
③適正製造規範(GMP)
 (立地、施設、隔離と交差汚染、従業員等の衛生及び健康管理など)

JFS-Cについての情報照会先

https://www.jfsm.or.jp/ 一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)

お問い合わせ

JIA-QAセンター 認証サービス部 食品チーム TEL03-5570-9568
ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ