製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > マネジメントシステム認証 > 自動車産業品質マネジメントシステム IATF 16949

自動車産業品質マネジメントシステム IATF 16949

ISO/TS 16949:2009 改正に係るIATF活動状況のお知らせ  ISO/TS 16949:2009 改正に係るIATF活動状況のお知らせ

概要

IATF 16949は、自動車産業規格としてグローバルスタンダードとなっている国際規格です。
これは、米国、欧州の自動車メーカー及び米、英、独、仏、伊の5自動車関連団体が中心となってIATF(International Automotive Task Force)を構成し作ったもので、自動車部品メーカーの品質に対する思いが強く反映されています。
自動車部品メーカーが自社製品を自動車メーカーへ納品する際に、IATF 16949の取得が条件とされる場合があり、審査登録の要望が急伸しております。

ISO/TS 16949

導入のメリット

IATF 16949は、ISO 9001をベースとしてIATF*とISOが協力して制定した自動車産業用のセクター規格です。本規格の要求に従った品質マネジメントシステムを構築することによって次のメリットを受けることが出来ます。

  • 世界標準の自動車産業品質マネジメントシステムが構築できる。
  • 自動車産業に適した高度な品質マネジメントシステムが構築できる。
  • 品質マネジメントシステムの有効性が重視されるため、製品の品質向上や企業体質向上に直結したマネジメントシステムが構築できる。
  • 徹底したプロセスアプローチが追求されるため、業務フローの停滞箇所や非効果的な業務の発見と改善ができる。

* IATF(International Automotive Task Force): 欧米自動車メーカー9社(BMW, クライスラー、ダイムラー、フィアット、フォード、GM、PSAプジョーシトロエン、ルノー、VW)と 米・英・独・仏・伊5カ国の自動車部品工業団体で構成した組織で、IATF 16949の運用に関して独占的な権限をもっている。

INDEX

ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ