PEFC認証概要

概要

詳しい概要はこちら(PDF)

PEFC(Programme for the Endorsement of Forest Certification)認証制度には森林管理の認証をFM(Forest Management)認証、供給連鎖段階での認証をCoC(Chain of Custody)認証、ある建築物など一度のみ作られる物を認証するプロジェクト認証があります。

PEFCの特徴に一つに各国の森林認証制度との相互承認が挙げられます。相互承認とはPEFCが定める国際規格を満たす各国の森林認証制度をPEFCが相互承認することにより、それぞれの認証制度との間で互換性が認められます。日本のSGEC認証制度とも相互承認しています。ただし、日本国内の森林をPEFC認証森林として認証できません。SGEC認証林としての認証となります。PEFC認証取得者は下記のルールに則り、PEFC/SGEC認証製品の取り扱い出来ます。

pefcとsgec比較 pefcとsgec比較

JIAではプロジェクト認証を含む、PEFC CoCの審査・認証業務を行っております。

認証までのフロー

1. ご申請
申請書にご記入のうえ申請してください。
2. 申請受理/契約締結
契約を締結します。
3. 審査準備
マネジメントシステムやCoCの手順を準備します。
【審査準備】
1.対象範囲を決定
2.CoC運用方法の決定
3.CoCマニュアルの作成
4.認証材のトレーサビリティ確立
5.文書。記録の整理
6.マネジメントシステムの運用
4. 審査
JIAの審査員が訪問し、書類、現場の審査をします。
5. 判定
JIAの判定委員会で認証の可否を決定します。
6. 認証登録
登録証を発行します。
7. PEFC/SGECロゴ使用申請(緑の循環認証会講SGECへ)
ロゴマーク使用の申請を行い、緑の循環認証会講(SGEC)とライセンス契約を締結します。
CoC申請書はこちら(Word)

お問い合わせ先

一般財団法人日本ガス機器検査協会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-4-10
TEL:03-3586-1686 / FAX:03-5570-9566
Email:epa01@jia-page.or.jp
JIA-QAセンター EPAグループ