森林認証

概要

森林認証 森林認証

世界での違法伐採の問題をご存知かと思います。何年も前から言われていますが、今でも森林の減少が続いており、世界的に重大な問題となっております。一方、木材は人間が生活していくうえでなくてはならない物であり、木材の利用をすぐに止める事は不可能と言えます。

適正な木材利用を増やし、この問題を解決するための一つの手段として、「森林認証」と呼ばれる制度があります。

森林認証制度では適正に管理された森林を認証し、その森林から産出された材を供給連鎖段階でも適切に分別管理することが定められております。認証された製品であるかどうかは販売先への伝票等に認証主張(認証パーセンテージ情報等)や認証番号等を記載することにより、認証情報を伝達します。この情報をつなげることにより、製品が適切に管理された森林からの材料を使用している製品かどうかを判別できる仕組みになっています。

一般的には森林管理の認証をFM(Forest Management)認証、供給連鎖段階での認証をCoC(Chain of Custody)認証と呼びます。またある建築物など一度のみ作られる物を認証するプロジェクト認証があります。

森林認証制度は世界に様々な種類があります。これは様々な団体が独自に規定を作っている為であり、世界中で適用される規定もあれば、国単位で規定されている制度もあります。

JIAでは数ある森林認証制度の内、世界で最もFM認証面積の多いPEFC認証、日本の森林認証制度であるSGEC認証、世界で最もCoC認証取得者の多いFSC®認証の審査・認証業務を行っております。JIAは認定機関と呼ばれる組織により、認証業務を適切に行えるか審査と認定を受けております。

JIAはPEFC、SGEC及びFSCについて、日本で活動する審査・認証機関の中で唯一、3つの認証制度の認定を直接取っている認証機関であり、3つの森林認証制度についてワンストップで審査を提供しています。

お問い合わせ先

一般財団法人日本ガス機器検査協会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-4-10
TEL:03-3586-1686 / FAX:03-5570-9566
Email:epa01@jia-page.or.jp
JIA-QAセンター 森林・EPAグループ

このページに対してご意見をお聞かせください