適合性検査

概要

製品には、以下の4つの法律により販売規制が設けられているものがあります。

「ガス事業法」
「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律」
「消費生活用製品安全法」
「電気用品安全法」

これらの法律で定められた製品を製造・輸入する事業者は、事業の届出をすることが定められており、さらにその製品が法で定める技術基準に適合していることを検査によって確認し、検査記録を作成・保存しなければ販売できないこととなっています。

これら製品のうち、特に定められた製品については、国に登録した登録検査機関の検査を受けて合格し、その証明書の交付を受けて保存しなければ製品を販売することはできません。

この登録検査機関による検査を適合性検査と呼びます。

JIAは登録検査機関としてガス事業法、液石法、消費生活用製品安全法に定められている品目の適合性検査を行っています。

対象品目

適合性検査対象品目

第1号検査についてはこちらをご覧ください。

第2号検査についてはこちらをご覧ください。

このページに対してご意見をお聞かせください