ガス設置機器スペシャリスト(GSS)

  • 概要
  • メリット
  • 資格取得までの流れ

概要

GSS資格者を「ガス機器設置スペシャリスト」といい、ガス機器の設置工事に必要な高度な知識・技能を有していることを示しています。

GSSは「ガス機器設置技術資格制度」に基づく資格です。この制度は、消費者が安全・便利に、かつ快適な生活を実現できるよう、優れた能力を持つ者が施工に当たることを目指し、優秀な設置・施行者(資格者)を育成するためにガス機器の設置に係る業界団体が創設したものです。

GSS制度は、消費者に対して
1.安心・便利なガス機器の提供
2.適正な設置工事
3.快適に使ってもらうための使用説明

の三つを、ガス機器設置スペシャリストが確実に実行することを基本目的としています。
カリキュラムは「早く、きれいに、安価に」を原則として組まれており、これら基本の他、関係法令、最新技術、環境問題、ガス機器の機能の確認と確実な引き渡し、接客態度、工事記録書の作成・保管、消費者からの要望に関する事例など広範囲をカバーした内容となっています。
(平成25年3月現在 スペシャリスト数14,000名)

実務経験があればどなたでも受けることができます

資格の範囲

・家庭用常設型ガス機器(瞬間湯沸器、貯湯・貯蔵湯沸、ストーブ、ふろがま、調理機器のうち固定型のもの)の設置・施工

特定ガス消費機器の屋内への設置・変更の工事は除きます。

・ガス可とう管(都市ガス用)・液化石油ガス燃焼器接続用継手金具付ホース(LPガス)

工事・内容から探す

LPガスの場合、「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律」により、金属管、金属フレキシブルホース等の硬質管を用いてガス機器を接続する工事は「液化石油ガス設備士」(国家資格)が行う必要があります。

有効期限

資格の有効期限は3年です。

資格者保険

GSSになると、資格者個人を賠償主体とする保険がつきます。
本保険は、生産物賠償保険と請負賠償保険で構成されています。
保険料は、資格者1名につき有効期間内で1,800円です(登録料6,900円に含まれています)。
保険料は登録料に含まれており、保険金額は、被保険者1名につき年間2,000万円を限度としています。

「ガス機器設置スペシャリストの店」表示

  • ・GSS資格者による良質な施工サービスが提供できる店は、「ガス機器設置スペシャリストの店」として、運営委員会に登録することができます。
    登録店の店頭には登録店である旨の看板を掲示することができ、消費者にとって店を選ぶときの目印となります。
  • ・GSS資格者の居る店は、「ガス機器設置スペシャリストの店」の登録をすることにより表示をすることができます。
  • ・登録料は18,500円(3年間)です。
  • ・登録をすると次のような特典があります。
  • ・店頭に掲示できる看板、登録証が交付されます。
  • ・販促チラシ、名刺、車両ステッカー等にGSSのロゴマークが使用できます。
  • ・登録店名簿(ディレクトリ)や運営機関のホームページに登録店が記載されることにより、発注者等へのPRになります。
  • ・情報誌により最新の情報が得られます。

制度の運営

本制度は、次の団体及び学識経験者により構成される「ガス機器設置技能資格制度運営委員会」が運営しています。
JIAは「ガス機器設置技能資格制度運営委員会」の事務局として、また、一般講習を開催する講習機関としてこの制度に携わっています。

構成団体(順不同)

主婦連合会, 一般社団法人日本ガス協会, 東京都地域婦人団体連盟, 一般社団法人日本コミュニティーガス協会, 一般社団法人日本空調衛生工事業協会, 建築設備家懇談会, 一般社団法人日本ガス石油機器工業会, 全国管工事業協同組合連合会, 一般財団法人日本建築設備・昇降機センター, 一般社団法人全国LPガス協会, 高圧ガス保安協会, 一般社団法人日本設備設計事務所協会, 日本LPガス団体協議会, 一般財団法人日本ガス機器検査協会

講習受講申込みから資格取得までの流れ

資格を取得するには講習を受講する必要があります。
お申し込みを希望される方は、申込書請求用紙をダウンロードしてご記入の上、FAXをお送りください。

  • 1. 受講申込書請求用紙をJIAにFAXで送る
  • 2. JIAから申込書・振込用紙が届く
  • 3. 必要項目を記入し、JIAに返送する
  • 4. 講習会の約2週間前に受講票・時間割が届く
  • 5. 講習会受講
  • 6. 資格証交付
  • 概要
  • メリット
  • 資格取得までの流れ