製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 製品検査・認証 > その他 > NSF > よくある質問 > NSF認証について

NSF

よくある質問

NSF認証について

NSF認証とはどのようなものですか

A:NSF認証は、製品やシステムが規格の要求事項やNSFのポリシーに適合することを確認するプロセスのことです。

NSF認証を取得するメリットが知りたい

A:NSFは100ヵ国以上の国の企業にサービスを提供しており、各国での製品の流通や受け入れをサポートするものとなっております。
NSF認証を取得した企業にとっては、評判を守り、リスク管理を行い、公衆衛生に対する責任を果たす上でメリットが得られます。
NSF認証品は、独立した第三者により実際に試験が行われていることから、価値のあるものとして認識されます。
ユーザは、NSF認証品は品質および安全の要求事項を満足し維持する手段の一つとして評価しています。NSFの認証プログラムは、規制当局にも、消費者にも、製造事業者にもメリットがあります。
規制当局や消費者にとっては、信頼のおける第三者により、製品が特定の規格に適合することを実際に試験を行って評価をしたという保証が得られます。
製造事業者は、第三者による試験、継続的な再試験、工場調査を受けることで、認定された規格に適合した製品を製造できる能力を示すことができます。
規格は、製品に対する要求事項を規定し、材料、設計、構造、性能に関する基準を含む場合もあります。

NSF認証の有効期間が知りたい

A:NSF認証は、定期工場調査および製品評価に合格している限り有効です。定期工場調査は、原則として年1回、事前の通知なしに実施されます。

認証を取得するにはどうすればいいのですか

A:NSF東京連絡事務所では、電話、Eメール、訪問等によるお問い合わせを随時受け付けています。NSF認証に関するパンフレットを送付いたしますので、ご連絡ください。
申請する製品に関する情報(カタログ、写真、仕様等)をお送りいただき、認証に係る費用や期間をお見積り致します。
NSF本部ホームページから、各プログラム担当者にご相談いただけます(英語のみ)

認証の取得にはどれくらいの期間がかかりますか

A:NSFの認証までの期間は、申請される製品によって異なります 。個別にお見積りを致しますので、お問い合わせください。

認証取得にかかる費用はどれくらいですか

A:NSF認証費用は、申請される製品の材料、構造、性能によって実施される試験、評価が異なりますので、製品ごとに個別にお見積りをいたします。
材料、構造、組み立て、製造工場が共通する製品シリーズであれば、1回の認証費用でそれらすべてを認証することができます。初回費用は、製品評価(材料、構造、性能)と初回工場調査費用を含みます。
一度NSF認証を取得した後、製品を追加する場合は、初回の費用とは異なります。個別にお見積りを致しますので、お問い合わせください。

認証費用の見積に必要なものを教えて下さい

A:申請予定の製品の説明資料(カタログ、写真、図面、仕様など)をNSF東京連絡事務所にお送りください。
飲料水処理装置の認証費用については、見積り依頼書にご記入のうえ、NSF東京連絡事務所にお送りください。

ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、ISO/TS 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ