製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 製品検査・認証 > その他 > NSF > NSF認証について

NSF

NSF認証について

NSFは、業界、政府関係者、関係団体などと協力して開発した規格にもとづき、製品認証を行っています。
潤滑油などの登録プログラムについて

主なNSF認証対象品

  • 業務用食品機器
    (電子レンジ、食器類、冷蔵庫、製氷器、食器洗浄機、食品設備及び材料等)
  • プラスチックパイプ、継手及びプラスチック材料
  • 飲料水処理用添加剤
  • 浄水器及び部材、水栓
浄水器認証の見積依頼書
ROシステムの場合はこちらをお使い下さい

NSF認証の優位性

1・市場進出

NSF認証を受けていることにより、新規市場への進出は容易になります。 NSFマークは、世界各国で新規市場開拓の力強い味方です。また、販売も容易になります。

2・信頼性

NSF認証品は、消費者に公衆衛生安全に配慮していると自信を持って宣言できます。

3・世界標準

NSF認証は、アメリカ規格協会(ANSI)、カナダ規格審議会(SCC)などに認定されている世界標準の認証システムです。

4・評 価

食品衛生及び食品機器の安全性に熟知していることから、NSFインターナショナルは世界保健機構(WHO)の食品衛生協力センターとして技術サポートをしています。

5・購買者への情報提供

NSF認証品リストは、NSFホームページで提供されておりますので、誰でもアクセスできます。

NSF Internationalの認証取得の流れ

ご案内・お見積 図面、写真、カタログなど、製品の情報をお送りください。
申請 申請者、工場の連絡先等を記載した申請書を提出していただきます。
ポリシー・規格等送付
  • 提出していただく書類(様式)、サンプル数をご連絡します。
書類・サンプル提出 材料の組成情報、評価・試験のためのサンプルを提出していただきます。
構造評価・材料評価(毒性)、性能試験・材料試験 機器の設計について、簡単に掃除できること、食品が安全に保管できる事を確認します。適切な材料の選択及び使用を決定します。必要があれば、期待される性能があること、要求事項に適合していることを試験します。
初回工場調査実施(Initial Audit) 工場において、評価したサンプルと同じものが製造されていることを確認します。工場の担当者に、毎年の定期工場調査に必要となる記録保持等の要求事項(ポリシー)について説明します。
ドキュメンテーションレポート作成 認証された製品の情報、規格の要求事項への適合内容について文書化します。
NSFホームページに掲載 NSFマーク使用許可 NSFホームページに製品情報を掲載します。
またNSFマークの使用が許可されます。
認証維持のため、原則年1回の定期工場調査を実施(製品評価を含む) ドキュメンテーションレポートに基づき、使用材料や構造の確認を行います。
ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、ISO/TS 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ