先輩インタビュー

  • 積極的なコミュニケーションが成長のカギ!

    入社5年未満/理系/大阪検査所

現在の仕事内容

現在、私は、家庭用厨房機器(こんろ等)の検査を担当しております。検査の内容は、ガスの消費量を計測する試験のほか、点火後に安定して燃えているかどうか、一酸化炭素濃度はどのくらいかを調べる燃焼状態試験、製品本体の温度を計測する温度上昇試験など多岐にわたります。

仕事をするうえで心掛けていること

私は、現在家庭用厨房機器の検査を担当しておりますが、これまでにもガス栓といった防災機器や業務用の厨房機器、家庭用瞬間湯沸器など様々なガス機器の検査を行いました。入社するまで使用したことのない機器もあり、日々新しいことの連続で、分からないことも多くありますが、一日でも早く検査の内容を覚え、勉強し、一人前の検査員になりたいと考えています。そのために、指示されたことをするだけでなく、先輩職員の方々と積極的にコミュニケーションをとって、技術や考えを吸収したり、意見を発したりして、成長できるよう心掛けています。

JIAに入社を決めた理由

私は、大学院で化学系を専攻していたため、就職活動を始めた当初は研究職に絞って就職活動を行っていました。しかし、それ以外の分野を捨てていることはもったいないと感じ、就職先の幅を広げるために様々な業種を調べようと思いました。そのなかで、インフラ系に興味をもち、就職情報サイトで調べているところから、偶然JIAを知りました。説明会に参加した際、ガス機器の安全や安心を提供する第三者機関として、公正かつ正確に検査を行っているところに魅力を感じ、志望しました。 多くの人々の生活にとって重要な給湯器やこんろなどのガス機器を、公正中立な第三者の目となって検査を行い、安心、安全の面から社会に貢献することは、JIAのような検査機関にしかできないことだと思います。

JIAの良いところ

小さなことでも質問しやすく、先輩職員から丁寧に指導いただけ、非常に働きやすい環境だと感じます。また、様々なセミナーの機会や語学研修、通信教育など、自身が成長できる教育、研修制度が整っていると思います。

学生へ向けてメッセージ

就職活動では、一つの業種に絞るのではなく、様々な分野を見て可能性を広げることも重要だと思います。少しでも気になる会社があれば、説明会に参加することで新たな発見があるかもしれません。とにかく行動あるのみです!

このページに対してご意見をお聞かせください