先輩インタビュー

  • 事業も自分も新規開拓!新しいチャレンジに燃えています

    入社10年以上/理系/名古屋検査所

現在の仕事内容

入社来、ガス機器の検査をメインに行っていますが、数年前に森林認証の審査員にチャレンジしました。森林認証というのは、木材資源の元となる森林を持続させるため、森林自体の管理や、その森林から生産された木材が流通段階で適切に管理されているかを審査し認証する制度です。私は審査員として加工、流通の管理状況を製造現場や倉庫などの現地で審査しています。

今まで仕事をやってきた中で、特に印象に残っていること

森林認証の審査を行った際、お客様から「あなたに審査してもらえて良かったです。」と言ってもらえたことです。このようなお言葉を頂けると、お客様の満足を得たことに加え、仕事を通じて地球環境に貢献できたことに喜びを感じています。

この会社に決めた理由

学生時代、化学物質の評価や検査を行う試験機関でアルバイトをしており、公正、中立な試験機関が社会で求められていることを感じていました。そこで就職活動中は、第三者として検査(試験)をしている機関を主に回っていたのですが、生活の身近にあるガス機器の検査をしているJIAという存在を知り、入社を決めました。

当面の目標

常にお客様に満足していただける審査ができる審査員になることが目標です。森林認証は、製造業、建設業、商社など幅広い業種があり、業種ごとに専門知識が必要となります。審査に対応いただくのはその道のプロの方ですので、同じ土俵で審査するには相応の知識が必要となります。それらの知識を取得する度に、自らの成長を感じています。

JIAのいいところを一言で

一言で言うと「新しい分野の仕事にチャレンジできる会社」です。会社名だけを聞くと堅苦しそうな会社に思いますが、常に新しい分野の仕事に挑戦しています。そのため、ガス機器の検査という安全に関わる仕事から、森林認証という地球環境に関わる仕事までの幅広い分野の仕事を行っています。その中で、若手にも新規事業の仕事を任せてもらえ、先輩方もバックアップしてくれるので、自分を成長させることができます。

このページに対してご意見をお聞かせください