先輩インタビュー

  • 学生時代の専攻にとらわれない知識を学ぶ機会も多い!

    入社5年未満/理系/大阪検査所

現在の仕事内容

ガス機器に表示されている、消費量や熱効率などのデータが本当に正しいのかという検査を行っています。また、ガス機器に使用されている電装基板に搭載された抵抗やコンデンサを開放(オープン)したり、短絡(ショート)したりして、わざと機器を不完全な状態にしても安全であるかの確認を行っています。

今の仕事のやりがい

JIAの仕事は、比較的個人の裁量権があるのではないかと思います。例えばある程度経験を積むと、自分で機器のセッティングやスケジュールの調整などを行うようになります。受け身ではいられないので大変ですが、自分で仕事の流れを組み立て、実行することはやりがいはあると感じます。

仕事で大変だったこと

私は理工学部出身ですが、電気系ではないので、基板の回路図を読み取ることに苦労しました。(今もですが。)しかし、JIAでは先輩から1対1で親身に教えてもらうことができますので、わからないことをすぐに解決することができます。

JIAだからできること

JIAには、職員が業務改善のアイディアを出せる提案制度があります。この提案制度を利用すれば誰でも自由な発想で業務改善に取り組むことができます。私は新入職員ながらも工数削減・ミス予防のための自動計算の仕組みや、業務を効率化するための電子回路を提案しました。 学生の皆さんは、まだ何がやりたいか明確ではない人もいるかもしれません。 JIAなら幅広い分野に展開しているからこそ、学生時代の専攻にとらわれない知識を学ぶ機会も多く、挑戦できる環境があります。

学生へ向けてメッセージ

就職活動は苦しいです。私の場合は友人がどんどん内定をもらう中、自分だけ内定がない状態だったので焦りを感じることもありました。しかしそれは、ただのスケジュールの差異なので、焦らずに自分が行きたいところから内定をもらうことだけを考えて就活することが大事だと思います。

このページに対してご意見をお聞かせください