土壌汚染調査・対策

簡易地歴調査やフェーズ1調査の結果、土壌汚染の可能性が存在する場合や可能性が否定できない場合には、フェーズ2調査、土壌ガスや表層土壌のサンプリングを行い、汚染の平面的な分布を把握します。(➤➤➤状況調査) 

 

状況調査の結果、汚染が確認されたエリアについて、平面的な絞込み、ボーリング調査を行い、汚染の深度方向での有無を把握します。(➤➤➤詳細調査) 

 

調査で確認された有害物質について、除去する工事を適切に行います。 

不溶化、揚水処理等、掘削除去以外の様々な工法にも対応しております。(➤➤➤対策工事)