製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 講習・書籍 > 消費機器調査員 > カリキュラム

消費機器調査員

資格講習のカリキュラム

①一般講習  講習期間:3日間
対象:ガス小売事業者を通じて申し込まれた方に限ります。
日程 時間 項目 範囲
1日目 9:30~17:30 ガスの基礎知識 ガス小売事業者として必要な基礎知識
2日目 9:30~17:30 消費機器調査に
関する実務知識
・改正ガス事業法第159条第2項に定めるガス消費機器調査に関する事項
・保安業務規程へ必須記載の自主保安3項目
1.接続具の確認
2.不燃防無し小型湯沸器の排ガスCO測定
3.業務用換気警報器の設置促進  
3日目 9:30~16:30
16:30~17:30 修了試験 -

②特別講習  講習期間:1日間
対象:以下の資格をお持ちの方で、ガス小売事業者を通じて申し込まれた方
 ・液化石油ガス設備士
 ・高圧ガス保安法に定める「第二種販売主任者」
 ・高圧ガス保安協会が実施する「保安業務員」講習修了者
 ・日本コミュニティーガス協会が実施する「登録調査員」講習修了者
日程 時間 項目 範囲
1日目 9:30~16:30 ガスの基礎知識

消費機器調査に
関する実務知識
ガス小売事業者として必要な基礎知識
・改正ガス事業法第159条第2項に定めるガス消費機器調査に関する事項
・保安業務規程へ必須記載の自主保安3項目
1.接続具の確認
2.不燃防無し小型湯沸器の排ガスCO測定
3.業務用換気警報器の設置促進  
16:30~17:30 修了試験 -

③再試験
対象:修了試験を不合格となった方(1回に限り再試験を受けることができます)
   未修了通知日から3ヶ月以内に修了試験を受験すること
④検定試験
対象:一般講習修了者で実務経験を有していない方(実務経験に相当する試験を受験する必要があります)
実務経験とは、以下の(1)又は(2)に該当する経験
(1)ガス事業関係業務※1に3ヶ月以上従事したもの
(2)消費機器調査員資格を有する者に1ヶ月以上同行して業務の現場教育を受けた者
※1:ガス事業関係業務とは、都市ガス事業や液化石油ガス販売事業に係る周知・調査、
 開閉栓 業務、ガス機器の設置・修理業務又は需要家敷地内のガス工事業務
◇午前に受験を希望する方
時間 項目 範囲
9:00~11:30 消費機器調査に関する実務知識の演習問題と解説 ・改正ガス事業法第159条第2項に定めるガス消費機器調査に関する事項
11:30~12:30 検定試験 -

◇午後に受験を希望する方
時間 項目 範囲
13:30~16:00 消費機器調査に関する実務知識の演習問題と解説 ・改正ガス事業法第159条第2項に定めるガス消費機器調査に関する事項
16:00~17:00 検定試験 -

 

※①、②、③、④の申し込みは、小売ガス事業者(登録申請予定あるいは申請中を含む)から提出された申込みに限り受付しますのでご注意ください。


ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ