製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 講習・書籍 > 簡易内管施工士

簡易内管施工士

概要

簡易内管施工士資格は、都市ガス需要家におけるガス機器の移設工事に伴うガス栓の位置替や増設等の工事を行う際に、施工に必要な知識・技能を有していることをお客さまやガス事業者に証明する資格です。 この資格があると、ガスの圧力が低圧の一般家庭で、マイコンメーターが設置されている戸建住宅か集合住宅、または一般業務用建物の、マイコンメーターの下流側からガス栓までの露出部分におけるフレキ管による「ガス栓増設」「ガス栓・配管の位置替」等の工事ができるようになります。 資格取得に必要な基本知識・技能は、講習によって修得でき、JIAにおいてこの講習会を開催しています。

都市ガス業界における全国統一資格です

  • 資格の正式名称は「日本ガス協会 簡易内管施工士」です。
  • 簡易な都市ガス配管工事の設計、施工に必要な知識・技能を有していることを お客様やガス事業者に証明するものです。
  • 本資格は施工士資格であり、監督者資格ではありません。本資格所有者が直接工事を行う必要があります。
  • 資格証は日本ガス協会が交付します。〔 資格管理事務はJIAが実施いたします。〕
  • 資格の有効期間は3年間です。
  • 有効期間内に更新講習(講義:1日間)を受講いただくことで、受講年度の翌年度の4月1日から3年間に更新されます。
  • 施工にあたっては、お客様に都市ガスを供給するガス事業者との簡易内管施工登録店契約が必要です。
    資格の所有は、簡易内管施工登録店としてガス事業者と契約する条件の一つです。

簡易内管施工士資格の工事範囲

平成22年度より、工事範囲が拡大されました。
平成21年度以前に資格を取得された方は、更新講習の受講が修了するまでは、ガス栓からガス機器への接続工事が資格の範囲に含まれません。ご注意ください。

項目 内容
圧力 ガス事業法で定められた低圧
対象となる建物 既築需要家の一般業務用建物、一般集合住宅、一般(戸建)住宅(地下街、超高層、高層建物等は除く)
工事範囲 ガスメーターの能力が16m3/h以下の既に設置されているマイコンメーターの下流側からガス栓までの露出部分(注)、及びガス栓からガス機器への接続工事です。
例えば、給湯器等のガス機器の取替に伴うフレキ管を使用したガス栓の移設等の工事が該当します。
(注)露出部分とは、配管・接合部分の状況が、そのままの状態で容易に確認できる部分をいう。
工事種別
  • フレキ管による「ガス栓増設」及び「ガス栓・配管の位置替」の工事
  • ガス栓の増設・位置替工事(継手のみ使用)
  • ガス栓取替工事
  • ガス可とう管接続工事
及び1.2.3.の工事に伴う露出配管の撤去工事
ただし、ネジ切り配管工事、隠ぺい部分の工事は除きます

INDEX

ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ