製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 講習・書籍 > 保安業務監督者

保安業務監督者

概要

この講習は、ガス小売事業者等がガス事業法(昭和29年法律第51号)第160条第1項に基づき定める保安業務規程において消費機器に関する周知・調査などの保安業務を監督する者として選任する「保安業務 監督者」を育成するための講習です。 この講習を受講し、修了することにより「保安業務監督者」になるための資格を取得することができます。

資格取得方法

1.下記の2.の資格をお持ちでない方 ⇒保安業務監督者資格講習を受講

2.以下の資格をお持ちの方 ⇒保安業務監督者資格講習を受講(受講減免を受けることができます)  ※減免措置(ガス及びガス消費機器に関する知識)  >>カリキュラムはこちら

  • 液化石油ガス設備士
  • 第二種販売主任者
  • 高圧ガス保安協会が実施する「液化石油ガス保安業務員」講習の修了者

 

3.1か2の講習を受講された方で修了試験不合格者(1回に限る) ⇒再試験を受験
  ※なお過去に講習を修了された方が、知識の再確認や新たな知識の習得のため、再度受講することは可能です。

講習受講料

講習 実務経験 受講料(税込)
一般講習 受講減免の対象でない方 41,800円
受講減免の方 34,800円
再試験 5,000円

※次のいずれかの資格を有している場合は、「ガス及びガス消費機器に関する知識」の受講が減免されます。  >>カリキュラムはこちら

  • 液化石油ガス設備士
  • 第二種販売主任者
  • 高圧ガス保安協会が実施する「液化石油ガス保安業務員」講習の修了者

保安業務監督者資格講習修了までの流れ

(フロー図をクリックすると拡大表示できます)

保安業務監督者資格講習修了までの流れ

INDEX

ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ