製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > マネジメントシステム認証 > 東京都食品衛生自主管理認証制度

東京都食品衛生自主管理認証制度

概要

meister_mark
指定審査事業者

都内の食品関係営業者等が自ら行う衛生管理について、一定の水準にあると認められた施設を認証する「東京都食品衛生自主管理認証制度」が平成15年から運用されています。
この制度は、平成25年に制度改正がなされ、チェーン店全体の衛生管理システムを認証(本部認証)したり、国際規格等の認証書を提出するだけで認証を取得(特別認証)できるようになりました。

JIA-QAセンターは、平成26年1月にISOマネジメントシステム認証機関としては初めて指定審査事業者として登録されました。

認証を取得すると、施設、店頭、食品の容器包装等で「東京都食品衛生マイスター」の三ツ星が付いたマークを表示することができます。三ツ星でアピールしませんか。

認証の対象

  • 都外で都内流通食品を製造する営業許可施設
  • 都内の給食施設
  • 都内で営業許可を取得している施設
  • チェーン店の場合は、施設ごとでなく、本部による統括管理と各店舗で の衛生管理を一体として、認証を取得することができます。


 認証の対象

認証区分

製造、加工、給食、調理、販売、氷雪販売、魚介類せり売

本部認証/特別認証とは?

本部認証

チェーン店全体の衛生管理システムを認証します。

  • チェーン店の本部による統括管理と各店舗での衛生管理を一体として認証
  • 本部による統括管理の対象範囲は自由に設定可能(例:直営店のみ、都内店舗のみなど)
  • 各店舗への実地審査は、対象範囲に含まれれる店舗数の平方根以上の店舗に対して実施(例:対象を25店舗と設定した場合は5店舗以上に対して実地審査を実施)
認証の対象

特別認証


ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)、FSSC 22000(食品安全管理システム認証)等を取得していれば、 認証書の写しを提出し、申請(無料)するだけで都の認証を取得できます。

特別な審査は不要です。
認証の対象

認証取得のメリット

東京都が衛生管理の取り組みをフォローアップ

  • 認証施設向けに、HACCP構築や食物アレルギー対策等をテーマにした現場責任者向け講習会、研修会を開催
  • 認証施設向けメールマガジンの配信により食中毒発生情報等をタイムリーに提供

衛生管理の取り組みを「見える化」

施設、店頭、食品の容器包装等で「東京都食品衛生マイスター」の三ツ星が付いたマークを表示することができます。

従業員のモチベーションもアップ

普段の作業が客観的に評価されるため従事者の「やりがい」につながります。


さらに、この制度は国際基準との整合が図られているため、この「東京都食品衛生自主管理認証制度」での認証取得をステップに、ISO 22000、FSSC 22000等の認証取得を目指す足がかりとなります。
将来、ISO 22000、FSSC 22000へと認証取得を目指す場合には、JIA-QAセンターをご活用ください。

お問い合わせ

JIA-QAセンター 認証サービス部 食品チーム TEL03-5570-9561
ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ