製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > マネジメントシステム認証 > 自動車産業品質マネジメントシステム IATF 16949 > 審査の流れ

自動車産業品質マネジメントシステム IATF 16949

審査の流れ

導入手順

申請 適用製品の範囲、組織、顧客の特定をして下さい。
製品設計責任の有無を明確にして下さい。
審査機関の契約 既にISO 9001認証を取得している場合、移行審査でのステージ2審査工数削減が可能です。
予備審査はオプションで、1回のみ実施できます。
文書審査
  • 生産事業所を訪問し、ステージ2審査が実施可能かどうか準備状況を確認します。
準備不足と判定した場合、再度ステージ1審査を実施します。
第1時段階審査
  • 登録審査として、全サイトを訪問審査します。
  • プロセスアプローチの審査を実施します。
第2時段階審査
是正処理 すべての不適合が是正されると、判定会議に提議し、登録を決定します。
報告書・判定会議
判定・登録証発行 IATFの登録番号を表示した登録証を発行します。
ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ