カセットボンベ ただしくたのしくつかうには!
カセットボンベの正しい使い方 カセットボンベのいけない使い方 カセットボンベのしくみ

ボンベは正しくセットしてお使い下さい。

ボンベには「切りかき」という凹み(みぞ)が付いています。
この部分と、カセットこんろ側の凸部分を合わせるようにして取り付けるのが正しいセット方法です。

正しくセットされていないと ガスが漏れることがあります。
もし取り付けがうまくいかずにガスが漏れたら、まずボンベを取り外してください。
次に、漏れたガスの滞留をふせぐために、手やうちわで扇いでから、もう一度取り付けるようにしましょう。

ガスを完全に使い切ってから捨ててください!

振って音がしなくなったら・・・分別して捨てましょう。
カセットボンベのガスは、 振って音がしなくなるまで完全に使い切ってからお捨てください。
ボンベをカセットこんろにセットして、火が消えるまで燃焼させれば、確実に使い切ることができます。
使い終わったボンベは「可燃ゴミ」と一緒にしないで下さい
その他使用上の注意については、ご使用前に必ずカセットこんろの「取扱説明書」をお読み下さい。

 こちらのサイトもぜひご覧下さい (日本ガス石油機器工業会のサイト)
2011 © 一般財団法人 日本ガス機器検査協会