製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 環境ソリューション > 木材トレーサビリティ証明 > 違法な伐採からの森林材でないことの証明

木材トレーサビリティ証明

違法な伐採からの森林材でないことの証明

違法伐採による森林材が製品に含まれていないことを確認し、証明します。

木材のトレーサビリティを明確にし、かつ、違法伐採材が原料に含まれていないことを確約したい事業者に最適です。
安心して購入出来る木材製品を、顧客へ販売するためのお手伝いをいたします。

証明内容 違法伐採による森林材を使用していないことを、サプライチェーン上でトレーサビリティを追って確認し、証明書を発行します
申請条件 特定したロットに関し、以下の情報を有していること
(1)伐採された森林の場所及び所有者
(2)供給連鎖のトレーサビリティ
証明に必要な記録
1. 原産地の森林が特定出来る記録と、材が違法伐採材ではないことがわかる記録
例:原産地証明書、伐採許可書、伐採届、木材輸出許可証、容積重量証明書 等
2. 製品のトレーサビリティ確認の取れる、サプライチェーン上の全ての供給者の記録
例:売買記録、出荷伝票、納品書 等
※ 査証を受けるためにご提出いただく記録は、入荷1ロット分です。
申請時に行って
いただきたいこと
1. 管理責任者の決定
木材トレーサビリティ証明の責任者にあたる、管理責任者を1名決定していただきます。
申請時にお知らせください。
2. 査証用書類の準備
申請書を元に、JIAより査証に必要な記録をお知らせ致します。
サプライチェーン上の事業者の中で必要な範囲をすべて遡り、記録をご準備ください。
3. 入出庫管理
入出庫管理のできる帳票を作成し、査証製品の入出庫を、有効期限までの間記録してください。
この帳票は追ってJIAよりご提出を求める場合がございます。
ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ