製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 環境ソリューション > 土壌汚染調査・対策 > 用語集

用語集

用語集

土壌溶出量基準とは

土壌溶出量基準とは、地下水を経由した摂取リスクのことです。
70 年間、1 日2Lの地下水を飲用することを想定し、地下水の環境基準や水道水の水質基準と同様の考え方で基準値が設定されています。
毒性に関する閾値(化学物質等による生体の反応や中毒・障害の発生しはじめる最小値)がある項目に関しては、一生涯にわたりその地下水を飲用しても健康に対する有害な影響がない濃度として基準値を設定しています。
自然由来の重金属等として存在する可能性がある物質に関しては、現在のところすべて毒性に関する閾値があるものとして取り扱われている。
一方、揮発性有機化合物などの毒性に関する閾値がない項目(発がん性を有するもの等)に関しては、一生涯にわたりその地下水を飲用した場合のリスク増分が10 万分の1 となるレベルで基準値を設定しています。

土壌含有量基準とは

砂場遊びや屋外で活動をした際に手に付着した土壌を食べてしまう場合や、飛散した土壌を吸い込むなど直接摂取することによる健康リスクを想定したものです。
土壌粒子の皮膚接触(皮膚吸収)による摂取量は、土壌の摂食による摂取量と比較して小さいものとして考慮していません。
基準値の設定方法として、汚染土壌の上に70 年居住するものとしてリスク評価を行っており、有害物質の摂食による摂取量は、1 日当たりの土壌摂食量を子供(6才以下)200mg/day、大人100mg/day とし、土壌中の土壌含有量を乗じて算出します。
曝露頻度は年間365 日とし、有害物質の吸収率は考慮せず、摂食し、胃酸で溶解したものは100%体内で吸収されるものとします。

この基準値は、有害物質の摂取量が溶出量基準を設定する際に考慮された地下水からの摂取量と同レベルになるように設定されています。

ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ