製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 環境ソリューション > 温室効果ガス排出量検証

温室効果ガス排出量検証

概要

温室効果ガス(GHG)排出量検証  東京都は、2010年4月より、国内初となる本格的なキャップ&トレード制度「総量削減義務と排出量取引制度」を導入しました。 対象事業所は、温室効果ガス排出量の算定結果につき、登録検証機関の検証を受ける必要があります。

 JIA-QAセンターは、本制度の登録検証機関として、すでに140事業所以上のお客様に検証サービスを提供致しました。

 また、2011年4月より導入された埼玉県の「目標設定型排出量取引制度」においても、埼玉県登録検証機関として、東京都制度における豊富な実績や、ISO14001審査等で培った経験を生かし、信頼性の高い排出量検証サービスを提供しております。

「東京都 総量削減義務と排出量取引制度」検証業務の実施状況

CO(安全)からCO(環境)まで ~トータルソリューションのご提供~

  • 「特定ガス・基準量」の検証で、全体の約10%のシェアを占める有数の検証機関です。(30機関中,2013年度)
  • 熱効率が重要視される地域冷暖房事業所においては、シェア50%超。
    とりわけ日本を代表する丸の内や日本最大の新宿のエネルギー供給事業者の検証を実施。
  • 高い検証レベルが要求されるトップレベル事業所の検証では、工場においては認定された5事業所のうち3事業所を、地域冷暖房事業所においては認定された8事業所のうち3事業所を、データセンターにおいては認定された5事業所のうち3事業所を検証した実績があります。

INDEX

ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ