製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 環境ソリューション > タイプⅢ環境ラベル > 用語の解説

タイプⅢ環境ラベル

用語の解説

EPDとは

商品種別算定基準(product category rules、PCR)は、同じ分野の他の製品/サービスのEPDに合わせる必要があります。固有情報の大部分は企業や団体で入手できることが多く、そのままLCAの計算に使用することが可能です。そのような場合には、補足的な情報を加えるだけで十分である可能性もあります。またLCA計算に必要な情報が入手できない場合には、関連データや一般向けの共通LCAデータを使用することもできます。 PCRは現在も次々と定められていますので、企業や団体が製品/サービスのEPDを作成する際には、これを利用できる場合もあります。

それ以外の場合、企業/団体は、特定の製品グループやサービス活動用にPCRドキュメントを作成することができます。 この作業は企業/団体が独自に行う他、他の企業や関係団体、下部組織の協力の下で実施することも可能です。 また、目的とする製品グループ/サービス活動のPCR作成作業のワン・ステップとして、いわゆる事前評価を受けることもできます。 PCR作成の詳細、事前評価を含む作成手順の詳細については、General Programme Instructionsを参照してください。

PCRとは

製品群毎にLCAの実施方法やEPDの開示内容を定めたもの。スウェーデン環境管理評議会(SEMCO)が認定する。

LCAとは

製品の原材料の資源採掘段階から廃棄に到るまでの環境負荷を定量的に評価した結果。
EPDでは製品毎に評価する範囲を決めるため、必ずしも廃棄段階までが評価されるわけではない。

事前認証

PCRが正式に発行される前に評価されたLCA結果を基に開示されるEPDのこと。

ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ