製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 環境ソリューション > タイプⅢ環境ラベル > EPDの特徴

タイプⅢ環境ラベル

EPDの特徴

メリット<シリーズ製品を一括検証>
JIAが提供するEPD検証サービスは、多種多様なシリーズ製品を検証する場合に、サンプリングメソッドの活用をお勧めしています。サンプリングメソッドを活用した場合、1製品当たりの認証料金が400円未満になったケースもあります。

同類多種製品の検証

形状、組成などが類似している「同類多種製品」(シリーズ製品など)に対し、すべての製品ごとにLCAを実施することは現実的ではない場合があります。物質およびエネルギーフローと変動要素との相関関係を調査し、LCAサンプリングメソッドを開発および適用できれば、対象となる製品すべてのLCAを実施することなく、全製品についてEPDを登録することができます。

メリット

一回の検証で大量の製品を登録することが可能
LCA実施に要する資源(人、時間、コスト)の節約
1製品あたりの認証料金が割安(ex.製品当たり認証料金は数百円になるケースも)
検証料金はサンプリングメソッドの査証(最大2人日)が追加されますが、数十製品を登録する場合は1製品あたりの料金は格安になります。 この認証システムを利用するためには下記の条件を満たす必要があります。

条件

  • シリーズ製品であること(例えば電線など)
  • 同一の製品群であること(同じPCRを使用します)
  • サンプリング手順が開発できること
    なお、シリーズ製品であっても上記条件に当てはまらない場合があります。詳細はお問い合せください。

同類多種製品の例:同じ材料で作られる大きさの違うドーナッツ

同類多種製品の例

上図の例では、3つの製品についてLCAを行い、他の二つは推定で行います。

ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ