新たにISO50001、FSSC22000認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント(CFP)、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 製品検査・認証 > その他 > NSF

NSF

概要

NSFインターナショナルについて

NSFインターナショナルは、公衆安全衛生の分野で国際的に認められた第三者認証機関で非営利団体です。
NSFは過去50年間にわたり、各業界、政府関係者及び関係団体などと協力して、公衆安全衛生に係わる規格を制定し、これらの規格をもとに製品認証業務を行っているほか、マネジメントシステム審査・登録、教育・訓練、検査や研究などを行っています。(潤滑油などの登録プログラムについて
また、食品衛生及び飲料水等の安全性に精通していることから、NSFインターナショナルは、世界保健機構(WHO)の食品衛生協力センターとして活動をしています。
NSF本部ホームページ http://www.nsf.org/ (英語)

NSF東京連絡事務所について

NSFインターナショナルは、1998年10月に、NSFインターナショナル東京連絡事務所をJIA内に開設しました。

潤滑油などの登録プログラムについて

米国農務省(USDA)食品安全検査サービス(FSIS:Food Safety Inspection Service)は、食品加工現場 (食肉/鶏肉) の公衆衛生向上を図る戦略を大幅に見直し、新たにHACCP(Hazard Analyses and Critical Control Points) に基づく食品加工業者への監査システムを導入しました。これに伴い1997年、Nonfood Compounds*の認証プログラムが廃止されました。

新システムの下では、 Nonfood Compounds*の製造者側にあった食品加工現場における公衆衛生に関する安全責任が、食品加工者側に移行しました。現行のHACCPプログラムは、FSISや地方の州政府によって監査される食品加工者自らが、安全性について毒性が確認された製品 (例えば 潤滑油、 洗剤等) を選択することが求められます。
このため独立した第三者機関による製品登録の必要性が高まり、USDAの指導の下、 NSF International ( NSF ) が1999年に登録業務を開始しています。

この登録プログラムについてはこちらから登録ガイドラインを入手しNSF本部に 直接申請してくださいNSF International 東京連絡事務所では、この登録業務を実施しておりません。)。
ご不明の点はNSF本部にお問い合せください

*Nonfood Compounds:食品加工現場で使用される食品機械用潤滑油、洗浄剤、石鹸、 抗菌殺菌剤等、食品添加物ではない様々な化学製品の総称です。

ガス機器、厨房機器、給水装置の製品認証だけでなく、ISO50001、ISO22000、FSSC22000、TS16949、ISO9001、ISO14001等のISOマネジメントシステム認証、
森林認証PEFC-CoC、CFP、土壌汚染対策はJIAにご相談ください。
このページのTOPへ