製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 製品検査・認証 > その他 > NSF > よくある質問 > 認証のプロセスについて

NSF

よくある質問

認証のプロセスについて

認証の申請から取得までのプロセスを教えて下さい

A:NSFは、製品の使用方法および適用される規格にもとづき、製品を材料、構造、および(必要があれば)性能の評価を行います。また、NSFは、初回工場調査を実施し、その後の定期工場調査における文書化などの要求事項についての準備をサポートします。
製品の評価と初回工場調査に合格すると認証が与えられ、認証マークの使用が許可されます。
認証は、継続的な要求事項への適合を確認するための再試験や定期工場調査(原則年1回)により継続されます。定期工場調査は、事前の通知なしに実施され、使用される材料の確認、製品の評価、製造工程の確認、(必要があれば)再試験用のサンプリングを行います。

NSF認証を取得するための試験はどこで受けられますか

A:NSF認証のための試験、評価は、米国ミシガン州のアナーバーにあるNSFインターナショナル本部の試験所で実施します。NSF認定の検査員が日本で実施できる場合もありますので、NSF東京連絡事務所までご相談ください。

試験に必要な製品サンプル数と、サンプルの種類が知りたい

A:評価に使用される製品については、NSF認証に申請後、認証プログラムの担当者から連絡があります。

「工場調査」とは何ですか

A:NSF認証は、製品の評価(材料と構造)と、製造工場の調査により構成されています。
初回工場調査では、NSFマークの使用方法、NSF認証ポリシーの要求事項、その他必要な文書化について説明致します。定期工場調査は、原則として1年に1回、事前に通知することなしに製造工場を訪問し、製品評価などを実施します。
製造工場が日本にある場合には、日本のNSF認定工場調査員が工場調査を実施します。

“NSFのポリシー”とは何ですか

A:NSFは、NSF認証、および、製品にNSF認証マークを貼付する許可を維持するため、認証を取得している会社が守らなければならない要求事項を規定したポリシーを制定しています。この要求事項には、初回および定期的な試験や評価、年1回の事前に通知なしで実施される工場調査が含まれます。
認証マークが誤用されたり製品が要求事項に適合していないことが分かった場合には、NSFは、製品の出荷停止、破壊、リスティングからの除外、リコール、法的措置、公表、契約破棄その他の処置をとります。
利害関係者の代表から成る認証委員会が、ポリシーの開発や実施、プログラムの運営を監督しています。

ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、ISO/TS 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ