製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 製品検査・認証 > 家庭用ガス機器 > JIA認証

JIA認証(家庭用ガス機器)

概要

JIA認証家庭用ガス機器は、部品や形状・組み立てが良好であるかを確認する構造検査、耐熱性や耐食性などについて確認する材料検査、ガス通路の気密、ガス消費量、燃焼性能や安全装置等の確認をする性能検査と、製品表示や取扱表示を確認する表示検査の4種類の検査を行います。

検査の基準は、省令による国の技術基準と、学識経験者・関係業界・消費者団体・関係官庁等の委員で構成された委員会で、JIA独自の検査基準を審議により作成しています。

これらの基準に基づいて第三者の立場で検査を行い、合格した家庭用ガス機器について認証しています。

JIA認証制度の詳細はこちら

【登録製品のリストはこちら → 家庭用ガス機器・防災機器 → 給水装置

家庭用ガス機器/JIA認証製品

対象品目 機能など
調


こんろ バーナの上に鍋などを支えて、調理する機器
グリル 直火により、主として放射熱で調理する機器
グリル付こんろ こんろ本体にグリル部を組み込んだ機器
グリドル 直火で加熱したプレートにより、主として伝導熱で調理する機器
グリドル付こんろ こんろ本体にグリドル部を組み込んだ機器
オーブン 直火によらず、主として対流熱で調理する機器
オーブン付こんろ こんろ本体にオーブン部を組み込んだ機器
レンジ こんろ又はグリル付こんろの下部にオーブンを配置し、一体になった機器
クッキングテーブル こんろを備えたテーブル(食卓)
炊飯器 米飯の炊き上がりを検知し、自動的にメーンバーナを消火する装置を備えた機器



瞬間湯沸器 給水に関連してガス通路を開閉することができる機構をもち、水が熱交換部を通過する間に加熱される給湯専用の機器
貯湯湯沸器 貯湯槽内にあらかじめ貯えた水を加熱し、湯温に関連してガス通路を開閉することができる機構をもち、貯湯部が密閉されており、貯湯部に0.1MPaを超える圧力がかからず、かつ、伝熱面積が4㎡以下の給湯専用の機器
ふろがま 浴槽内の水をガスの燃焼熱で直接循環加熱する装置であって、浴槽内の水を加熱するための熱交換部とバーナを組み合わせて一体構成しているふろ部だけの機器(表示ガス消費量が21kW以下のもの)、及び給湯機能を組み合わせた複合形の機器(給湯部が瞬間湯沸器構造の給湯付ふろがまの場合は表示ガス消費量が91kW以下のもの、給湯部が貯湯湯沸器構造の給湯付ふろがまの場合は、表示ガス消費量が63kW以下のもの)
暖房機器 ガスの燃焼熱を利用して採暖又は室内を暖房する機器
衣類乾燥機 ガスの燃焼熱で加熱した空気を送風機で通風し、洗濯した衣類を乾燥する機器であって、ガスの燃焼熱で加熱した空気を送風機で通風して乾燥するもの。
温水熱源機 主として熱媒体に水を用い、床暖房、浴室暖房、浴室乾燥などで使用する熱媒体を循環し、直接加熱する燃焼機器。ただし、吸収式のものは除く。
小型ガスエンジンコジェネ(インバータ部は除く) ガスを燃料とするガスエンジン(往復動のものに限る)によって、発電機を駆動し、かつ、温水を取り出す設備(エンジンと貯湯槽が一体になっているものも含む。)のうち、エンジン部及び発電機部。ただし、発電出力が10kW未満のものに限る。
ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、ISO/TS 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ