製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 製品検査・認証 > ガス工作物 > 手数料

ガス工作物

手数料

各検査に係る手数料はこちらで公開いたします。

検査手数料は、消費税を含まない金額であり、別途ご請求します。

また、特定ガス工作物の検査手数料については、当該手数料のほか日当、交通費、及び宿泊を伴う場合は宿泊費をご請求します。
但し、検査手数料、日当、交通費、及び宿泊費の合計が気化装置の設置の工事又は変更の工事を伴うものについては110,000円、 気化装置の設置の工事又は変更の工事が伴わないもの及び特定製造所の設置の工事以外の変更の工事で工作物の設置場所で確認するものについては99,000円を限度額とします。

この内容は、平成26年4月1日以降に使用前検査を実施したものから適用します。

用語の定義

製造能力
(日量)
標準状態(温度零度及び圧力101.3250kPaの状態をいう。)における1日の製造能力
製造設備 ガス発生設備並びにそのガス発生設備と一体となってガスの製造の用に供されるガス精製設備、ガスホルダー、排送機、圧送機及び附帯設備の総合体
特定製造所 特定ガス工作物に係る製造所
特定製造設備 特定ガス発生設備並びにその特定ガス発生設備と一体となってガスの製造の用に供される調整装置及び附帯設備の総合体

ガス製造・一般ガス導管・特定ガス導管事業に係る検査手数料

ガス小売事業に係る検査手数料

その他の手数料

ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、IATF 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ