製品認証、国際規格ISO認証をご提供
地球環境では森林認証、カーボンフットプリント「CFP」、CO2排出量検証、土壌汚染対策に高い評価

JIA 一般財団法人 日本ガス機器検査協会

TOP > 製品検査・認証 > 燃料電池 > 防火性能評定

防火性能評定(燃料電池)

概要

防火性能評定消費生活の多様化や、技術の進歩により、近年断熱性を高めたり、各種安全装置を装備して防火性能を確保するなど、ガス機器の改良が進んでいます。
この結果、ガス燃焼機器を設置する際に「対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱に関する条例の制定に関する基準を定める省令」の別表で定められた離隔距離より短い距離で設置可能な製品が開発されてきました。
このようなガス燃焼機器等について、JIAでは防火上の有効性を確認する試験を実施し、火災予防上安全な離隔距離を決定する防火性能評定を行っています。

防火性能評定の詳細はこちら

【登録製品のリストはこちら → 防火性能評定

燃料電池/ 防火性能評定対象

対象品目 機能など
固体高分子形
固体酸化物形
ガスを燃料とする、定格出力10kW未満の固体高分子形及び固体酸化物形燃料電池発電設備であって、機器内の最高使用圧力が0.1MPa未満のもの
ガス機器、厨房機器、給水装置に係る製品認証、ISO 22000、FSSC 22000、ISO/TS 16949、ISO 9001、ISO 14001等のマネジメントシステム認証、そして・・・
森林認証PEFC-CoC、CFP、東京都・埼玉県温室効果ガス排出量検証、土壌汚染調査・対策はJIAへ
このページのTOPへ